--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-29

とんだSAI難。

最近SAIでラクガキする様になってきたら、デジタルの便利さに染まりつつある自分がいる。
まだまだ使い方分かってない部分が多いので難しいっすけどね。


たいら11

ワシはこうゆうチラリズムに非常に弱いんじゃよ。チラリズマーじゃけんのぉ。体伸ばした際の下腹部チラリとかもう「ありがとうございます!」って感じじゃよ。全裸よりこうゆうのに悩殺されてまうわ。長生きするモンじゃのぉ、ほっほっほ。




今までは絵をUPする際、紙に描いた絵をスキャナーでPCに取り込んでSAIで色塗ってUPってやってたのですが、最近、最初からSAIで色々やる様になってきた。
「俺は一生アナログで行く!」と過去の日記で書いてきたと思いますが、むしろ最近じゃフルデジタルで漫画描くのも良いんじゃないか?って思う位になってきた。
その理由はと言うと…何が良いかというと…、


1.簡単に修正できる。
2.コストがかからない。
3.描いた紙(or原稿)を置き忘れる事がない。

4.何かラクできそうwww


1の理由が絶対的に良いよね。絵を反転させてバランス崩れた箇所をすぐに見つけられるし、色塗るにしてもあれやこれや色々簡単に試せるからな。
2は紙やペンを用意する必要がなくなるのが良い。付けペンやインクは消耗品だから買い足す必要があるからのぅ。インクなんて放置すると劣化してすぐにドロドロになるからな。

俺にとっては3の理由は相当デカイ。以前にも書きましたが、俺は不意の訪問者に対しての準備を怠ってしまうのだ。
だから家にノーマルな人を呼んだ際に、紙に描いて放置してた絵をうっかり見られそう(or見られた)になったりってのが良くあるんですよ。
心臓飛び出る位ビビッたのが、机の上に某S誌が置きっ放しになってたのを友人に凝視されてた時だな。あの時程一瞬頭真っ白になった事はないかもしれん…。
4は書いたまんまの意味です。集中線にしろ効果線にしろそうゆう類のツール使用すればささっとできそう、と言うクソな考えでござる。

昔は着色にカラーインク使ってました。懐かしい…。PCだと厚紙だ水だインクだ筆だ何だってのを必要としないもんな。時代は移り変わって行くんじゃのぉ…(シミジミ)。
とは言っても何でもかんでもデジタルにするんではなく、ノートに描くってのは好きだし漫画や小説にしてもPCやスマホで読むんじゃなくやっぱ本と言う形で紙をめくりながら読むってのは俺の中で大事な事だと思う。


もしフルデジタルで漫画を描く事を想定するなら、コミックスタジオって奴を買えばエエんかいな?うん、デジタルに関しては初心者なのでよ~分からん!


ブログのアクセス数が19万行きました。皆様ありがとうございます。
恐らくこの記事が2012年今年最後の更新になると思います。

それでは皆様、良いお年を!




■オマケ■



何度聞いてもテンション上がるな~w 眠気が一瞬で吹っ飛ぶ位だ。
スポンサーサイト
2012-12-20

アンなコトやコンなコト。

年に何回か訪れる漫画描きたい衝動。来年は同人活動する時間あるかの~。

絵1

何か悪い顔を描きたくなった。物凄く楽しく描けたわwww



情けない話しますが、もっと若い内に色々やっておけば良かったな~、などと思う事があります。
あの時アレやっておけば、こうしておけば、もっと○○やっておけば良かったな。などと過去を振り返りそんな事を思う様になりました。
仕事や恋愛関係にしてもそう。あの時にもっと自分に自信があれば、あの時もっと相手を信じていれば、そう後悔する出来事がチラホラw
オッサンですな~。

小説や漫画、こうゆう作家活動ってのはその人の人生経験がモロに反映されるよな。色々経験しておけば、もっと色んな題材を使って物語が書けた、と思う。
妄想や想像じゃすぐに限界が来るし、身の丈に合わない事書けば中身のないスッカラカンな物しか書けないだろうし。そんな背伸びして書いた作品、後で自分で嫌いになるだろう。

自分が実際に経験した事を踏まえて物語を書いたのであれば、いくら周りから否定されても自分自身が納得できるから永遠に好きでいられると思うんだ。
この先まだまだ色々経験できるかの~。もう良い年したオッサンだけどな…。



話変わって自画自賛になってしまうが、自分が描いた同人誌のダイザブローのやつは今でも自分のお気に入りだぜww
侍になって実際斬り合いした訳じゃないこれこそ妄想でしかないんだが、自分が描きたいと思って描いた作品だとずっと好きでいられるよね。







■ドグマ話■

ウォリアーおもすれ~。超おもすれ~。
あの大剣をブン回す豪快さは非常に気持ちがイイ!退魔剣聖斬が決まった際のあの大ダメージを目の当たりにした時の快感!言葉に出来ない快感がウォリアーにある!!



そしてこの弓職のイラストである。

ウォリアー楽しいって、それはウォリアーしかやっていなかった時の話。他の弓系、アサシンを経験しちゃうとあら不思議、ストレスの原因へと変化
振りが遅い!回避行動ない!ガードできない!総合的な火力面で完全に短剣に負けている!ジャンプ攻撃が使い易いのでその結果ピョンピョン飛び跳ねるカッコ悪い戦法になりがち!ときたモンです。

ウルドラ相手にして与ダメ計算してみた。

ウォリアーの時:50万ダメ位。
アサシンorレンジャーの時:150~200万ダメ位。


ウォリアーは泣いて良い。
やはりこうゆう職業が複数あるゲームは必ず強い弱いが存在しちゃうよな。「優遇」と「不遇」と言う言い方がありますな。
ウォリアーは完全に接近戦しか取り得がないので対空手段がありません。浮遊する敵に対して無力です。何もできませぬ。剣を振る動作も遅めの為、素早く動く敵の殲滅に少々時間かかりまする。


どのゲームでもそうですが、俺の自論で鈍足だが一発のダメがでかい武器より、素早く手数が多い武器の方が結果的に強い。と思っています。
結局遅い動作のせいで攻撃チャンスを逃し、やっと重い一撃を当てたと思ってもダガー系の連続斬りの方がはるかに強いしな…。
しかもダガーなんて敵にしがみついてる時でも使用可能な連続斬りの攻撃スキル持ってるんだぜ?
更にアサシンなんて自分のモーションを早くできるスキル、完全無敵になれるスキルって言うチート技持ってっからなw

接近特化のはずのウォリアーが、複合職であるアサシンに負けてるからな。ダークアリズンではウォリアーの徹底強化が必要だと思うわ。



EDが良く分からんよね。最後主人公が何を思ってあの様な行動に出るのかちゃんと知りたい所だ。プレイヤーの判断にまかせてるのかどうかは分からんが。
EDに関して個人的に感じた事を書こうと思います。ネタバレになるので、見たい方は「続きを読む」をクリックじゃよ。




続きを読む

2012-12-11

ドラボンズボーンズマ。

『ドラゴンズドグマ』最近になってちゃんとプレイしはじめました。

戦士1

※絵はドグマ関係ない露出しまくり戦士を描きたくなっただけです。

ドグマおもすれ~。超おもすれ~。販売日に買ったにもかかわらず、ED見たの最近です。
正直今までは「何だ、普通のゲームだな。」としか思っていなくて、そんなにプレイしようって気にならなかったのよねん。

比較対象として、どうしてもオープンワールドゲーとして『スカイリム』と比べていた。
まぁドグマはドグマで、アクション面が爽快なので面白いとは思ってたけど。


世界感に関しては、スカイリムが完成しすぎてるんだな。
大袈裟かもしれないけど個人的に、プレイしてる際ただ「グラフィックが綺麗」ってだけじゃなく、空気みたいな物も感じれる位だ。
人々の「生きている」って感じさせる生活観、草木の湿った感じとか土や草、石の質感、暖かさや肌寒さ、匂いすら漂ってくるんじゃないかと錯覚しちゃう位だわ。

幻想的感は圧倒的にスカイリムに魅力を感じちゃうわい。

IMG_0921.jpg  IMG_0955.jpg

ドグマも綺麗っちゃ綺麗だけど、幻想的ってのは感じないよな。
NPCに用意されたセリフが少なすぎてファミコン時代の村人レベルに感じてしまう。生きてるんじゃくて「そこに配置されてるオブジェクト」程度にしか感じれないのがちょいと残念やね。

移動がちょっと面倒臭かったり、ユーザーインターフェースに難があったり…。色々不満を感じる。

だがしかし!アクション面が優れているので、不満を吹っ飛ばしてくれる爽快感があるね。
特にドラゴン戦は興奮しっぱなしだった。ドラゴンの巨大さや迫力、さすがカプコン様やで!と思った。
そしてキャラクリエイトの幅広さ!むっちりとした太ましいキャラを作れますぜ奥サン!もう一挙一動に興奮してしまうぜ!

IMG_0957.jpg   IMG_0956.jpg

そしてこのキャラでスカイリムやりて~、と思ったとか思わないとか。


そしてドラゴン倒した後の最後の展開のあの空しさ…。
俺はこうゆう荒廃した世界、静寂、虚無、哀愁、そうゆう雰囲気に魂を鷲掴みにされてしまう。
ただ全体的に画面が暗くなるので、フィールドを歩き周る気を削ぐのは箱庭ゲーとしてヤバイよね。


色々書きましたが要約すると、「ドグマおもすれ~。」って事ですよはい。


自キャラと共に冒険してくれるポーンシステムは良いですな~。これ大好きやわ。
しかもオンラインで他のプレイヤー(このゲームで言う違う世界)が作ったポーンを雇えるのが良い。世界のどこかで俺のポーンを雇ってくれた人がいるんだな。

最後にネタバレ書きますので、読みたい方は「続きを読む」をクリックしてちょんまげ。




続きを読む

さんカラデータカラ

さんカラ

Author:さんカラ
2月生まれの水瓶座。AB型。
ゴツイ体格のキャラ大好き人間。描く絵もそんな感じ。基本的に頭悪い人間です。
絵描きは辻○○次郎、結城○輝大好きやねん。
メジャーな物よりマイナーな物を好む傾向にある。

3Dだと天○ひろ○き、西村○太、伊○み○お大好きすぎて生きてるのが辛い。

歳をとるにつれ、今までと違う何かをしたくなってきた。そんなお年頃。まずは絵を描く方法をアナログからデジタルに移行しようと画策中。
思った事や感じた事を歯に衣着せぬ物言いで語るので、不快に感じた方はすまぬすまぬ。

自由掲示板。
カテゴリックシンドローム
ヒヨコカウンターカラ
オンラインカウンターカラ
現在の閲覧者数:
さんカラメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダーカラ
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カラったー
天気予報カラ

-天気予報コム- -FC2-
最近の日記カラ
月分け日記カラ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。